S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
人間が好きになる名言


presented by 地球の名言

<< 開放された・・・みたい? | main | 久々のお菓子教室♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
「天皇になろうとした将軍―それからの太平記 足利義満のミステリー」
久しぶりに本の話題です。

作者は、井沢元彦。
KOTAさんに薦められて読んで、ファンになった作家です。

【商品の説明】

出版社 / 著者からの内容紹介
なぜ戦乱記を「太平」記と記したのだろうか? 後醍醐天皇の「遺言」に秘められたこととは。金閣寺に塗り込められた足利義満の「野心」。金閣「寺」の命名に秘められた義満「暗殺」の真相。義満暗殺の「実行犯」と「大文字焼き」の秘密…。日本史上かつてないほどの戦乱の世、下克上はびこる南北朝の時代とは現代の写し絵ではないか。"目からウロコ"の井沢流、歴史謎解きの冴えが光る。解説・吉村作治。

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ戦乱記を「大平」記と記したのだろうか?金閣寺に塗り込められた足利義満の「野心」、金閣「寺」の命名に秘められた義満「暗殺」の真相、義満暗殺の「実行犯」と「大文字焼き」の秘密…。下克上の世に渦巻く権謀術数の闇を、日本史の“なぜ?”に挑み続ける著者が歴史推理の大ナタをふるい白日のもとにさらす。


もともとは、「太平記」のそれから・・・って事で書き出したのが、読者からの強い要望もあって、足利義満の事まで書いたものらしいです。

このタイトルのように、足利義満は、将軍であるのにもかかわらず、「天皇」になろうとしたのだそう。
そして、それが原因で暗殺されたと見ています。

何故そうなのかは、この本をご覧下さい。

そして、作者井沢元彦が考える、足利義満を暗殺した犯人は・・・。
これが意外な人なんです。

読んでいくうちに、納得するはず・・・なんですが。(;^_^A あせあせ

そして、別の雑誌の連載で、室町幕府の創始者・足利尊氏の事も載っています。
二部構成になっています。

足利尊氏という人は、歴史的に評価されなかった人で、何でそうなのかと言えば、天皇に逆らった人なので、戦前は逆賊扱いされていたんだそうです。
歴史的に研究する人もいなかったので、幼少期のエピソードが皆無な人なんだそう。

井沢元彦にかかると、後醍醐天皇が、ただの我儘なオッサンに成り果てます。(笑)
この人、南北朝の原因を作った張本人ですからね。
後醍醐天皇がカブれた、「朱子学」に問題ありです。

南北朝の話・・・天皇家が南朝北朝に分かれて、争った時の事です。
時は鎌倉幕府滅亡から、建武の新政→室町幕府誕生にかけての事ですね。

そして、「太平記」を、『太平』記 と言うわけは・・・。
いろんな謎を解き明かしてくれます。
目から鱗が落ちる事間違いなし!!(爆)

割と「逆説の日本史」に書いてある事なんですが、こうしてそれ専用で読むと、なかなか興味深いです。

作者は、この本で「逆説の日本史」の足がかりにしたと書いています。
井沢元彦自身、江戸川乱歩賞受賞者なんですが、ミステリーを書く作家というレッテルを貼られながらのこの連載。
これで、のちの「逆説の日本史」が誕生したのならば、それはそれで、味わい深い作品なのでしょう。
本の事 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
コメント
面白そうですね。
この本ま〜だ読んでないかもしれません。
やっぱりアマゾンで探します。(笑)
井沢マジックにかかると納得してしまうから不思議です。
後醍醐天皇もただのおっさんですか・・・(笑)
彼のミステリーはしっかり調べてるから面白いんですよね。
| KOTA | 2008/06/01 5:05 AM |
>KOTAさんへ
え〜!まだ読んでいない本があったんですか?(°.°;

後醍醐天皇をオッサンと呼んだのは私ですが、そんな風に取れました。(^^;ゞ
え〜っと、何て書いてあったかな?
鎌倉幕府を倒したのも「私利私欲のための倒幕」って書いてあったかな?
性格は「極めてアクが強い」とも書いてありましたね。

でも、納得の文章ですよ。(;^_^A あせあせ
| かんが | 2008/06/01 8:26 PM |
 こんにちは。やっと本を読む時間が出来ましたか?
 子どもたちの人間関係って複雑ですね。
 私が小学生だったころと、同じように複雑。キライだけど縁が切れないという関係もありました。
 良くない関係とわかっていても、なんとなく続いている。
 結局、小学校、中学校の間は、そんな関係が続いていたと記憶しています。
 今流に言えば、ある意味、いじめられていたのかもしれません。
 呼び止められたりすると、冷や汗が出てましたから。
 二人の子を見ていると、下の子は、私と同じような関係の友達関係もあります。
 誘われるとイヤと言えない正確が災いしてます。
 上の子にはありません。ですが、上の子の人間関係が良いとも思えません。
 支離滅裂ですが、曖昧な人間関係を継続させるということも学んだ(学んでいる)という気がしました。

 さて、本のことです。
 井沢元彦といえば、高橋克彦、中津文彦と、三人そろって「彦の会」というらしいですが、高橋克彦の「総門谷」もSFと古代史がごっちゃになったような小説です。
 ちょっと毛色が違うけど、第29回江戸川乱歩賞受賞作の「写楽殺人事件」も面白かったです。
 その前の28回の受賞作が、中津文彦の「黄金流砂」でした。黄金流砂は、義経北方伝説の話です。
 写楽について言えば、明石散人の「視えずの魚」で、写楽が有名になったのは、明治43年にユリウス・クルトという人がドイツで書いた「写楽」という本が発端だったという話しが載ってました。
 写楽をシャガクと読まず、シャラクと読むのも、実はよくわからないそうです。
 視えずの魚もそうですが、明石散人の本は、ウンチクは面白いけど、物語としてはどうかなってものが多いような気がします。
 高橋克彦は、その後も浮世絵三部作となる「北斎殺人事件」「広重殺人事件」を書いてます。
 番外編で「歌麿殺贋事件」というのもあります。
 
| my | 2008/06/02 7:54 PM |
>myさんへ
友人との距離感を自分である程度決まれないと、大人になっても上手に人間関係を築けないような気がしますね。
そのヒントを与えて、自分で考えられるといいのでしょうが・・・。
もちろん、SOSを出したら、助けてあげる体制はちゃんとしてですが。
幼少の時から、こういう事が起こったのも、チャンスと思って。

本ですが、高橋克彦の本は、読みましたよ。
はじめは、「火怨」、大河ドラマになった「炎立つ」も。
デビュー作の、「写楽殺人事件」も読みました。^^
中津文彦は、まだ読んだ事はないんですが。(^^;ゞ
3人で対談してた本はチラッと読みました。

義経北方伝説にかかる、井沢元彦の「義経はここにいる」も同時に読みました。
これも、時間があったらレビュー書きたいですが・・・さて、いつ書けるのやら。(笑)
最近読んだ本は、妹に頼んでアキバのブックオフで買ってきてもらったものです。
あとは、定期購読している「歴史のミステリー」でを読んでいますね。2週間に一度2冊送ってくるので、早く読まないと次のが来てしまうので・・・。
| かんが | 2008/06/04 7:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanga.jugem.cc/trackback/546
トラックバック