S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
人間が好きになる名言


presented by 地球の名言

<< 「幻香」 | main | 経過報告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
「まんまこと」
評価:
畠中 恵
文藝春秋
¥ 1,470
(2007-04-05)
また、しばらく間が空いてしまいました。m(__)m
予告どおり、BONBONママさんに薦められた一冊です。

【出版社 / 著者からの内容紹介】
「しゃばけ」シリーズがブレイク中の気鋭・畠中恵さんの新シリーズは『まんまこと』というタイトルです。意味は「真実。ほんとうのこと」。江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる騒動(いまでいう民事の範疇)を、やや頼りない跡とり息子・麻之助とふたりの悪友----男前でモテモテの清十郎、堅物の吉五郎が活躍し、絵解きします。この彼らがとても魅力的なのです。ついついお話の向こう側まで想像してしまうような強力なキャラクターたちです。女性陣も負けてはおりません。芯が強く、可憐な眦を決し、こうと決めたら動かない意気地のある女たちが生き生きと描かれています。
お腹の子の父は誰なのか? 万年青争いの真相は? ----切ない恋物語も織り交ぜられ、読者をつつみこむような畠中ワールドが存分に楽しめる一冊です。ふうわりと温かな読後感をぜひ味わってみてください。


短編集ですが、微妙に話がリンクしています。

私本人の感想としては、この一冊で完結しちゃった方が、いいような悪いような・・・。
(続きも読みたいのですけど・・・)

お腹の子は、全編を通しての謎かな?

万年青とは、盆栽のようなもの?
苔って言った方がいいのかな??

この作家さんは、「しゃばけ」シリーズでも、朝顔の変り種を探しまくるお侍さんとか、描いているんです。
こう言う話に興味があるのかしら?(^m^)

それに、登場人物が個性豊かなのは、魅力のひとつです。
話し方も、どこかのんびりとしていて、うちにいたら怒れるでしょうけど、いい味出しています。(笑)

ちょっとせつない恋の物語もあります。

どうか、一度、ご覧あれ。
本の事 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
コメント
しゃばけシリーズの新刊がなかなかでない時にこの本が書店に並んだ時興味を持ちました。
短編だったのでパラパラ書店で立ち読みはしていました。
それこそ今度こそこの本を持って喫茶店で読んでみます。
天皇陵伝説 、アマゾンでチェック中です。
ま〜だ700円台なのでもう少し待ちます。
送料のことを考えて500円台まで下がるのを待ってます。
一応主婦なので?(笑)
| KOTA | 2007/09/04 4:59 AM |
>KOTAさんへ
なかなかよかったです。
この本なら、その喫茶店に持ち込める本屋さんにあるんですか?
だったら、そこでちゃちゃっと読んじゃった方がいいですよね。
結構すぐに読めちゃいますよ〜。^^

「天皇陵伝説」
でしたら、ダメ元で図書館で予約をしてみたらいかがでしょうか?
アマゾンで金額が下がるのが先か、図書館から来るのが先か・・・。(笑)
| かんが | 2007/09/04 7:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanga.jugem.cc/trackback/472
トラックバック