S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
人間が好きになる名言


presented by 地球の名言

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
「天皇になろうとした将軍―それからの太平記 足利義満のミステリー」
久しぶりに本の話題です。

作者は、井沢元彦。
KOTAさんに薦められて読んで、ファンになった作家です。

【商品の説明】

出版社 / 著者からの内容紹介
なぜ戦乱記を「太平」記と記したのだろうか? 後醍醐天皇の「遺言」に秘められたこととは。金閣寺に塗り込められた足利義満の「野心」。金閣「寺」の命名に秘められた義満「暗殺」の真相。義満暗殺の「実行犯」と「大文字焼き」の秘密…。日本史上かつてないほどの戦乱の世、下克上はびこる南北朝の時代とは現代の写し絵ではないか。"目からウロコ"の井沢流、歴史謎解きの冴えが光る。解説・吉村作治。

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ戦乱記を「大平」記と記したのだろうか?金閣寺に塗り込められた足利義満の「野心」、金閣「寺」の命名に秘められた義満「暗殺」の真相、義満暗殺の「実行犯」と「大文字焼き」の秘密…。下克上の世に渦巻く権謀術数の闇を、日本史の“なぜ?”に挑み続ける著者が歴史推理の大ナタをふるい白日のもとにさらす。


もともとは、「太平記」のそれから・・・って事で書き出したのが、読者からの強い要望もあって、足利義満の事まで書いたものらしいです。

このタイトルのように、足利義満は、将軍であるのにもかかわらず、「天皇」になろうとしたのだそう。
そして、それが原因で暗殺されたと見ています。

何故そうなのかは、この本をご覧下さい。

そして、作者井沢元彦が考える、足利義満を暗殺した犯人は・・・。
これが意外な人なんです。

読んでいくうちに、納得するはず・・・なんですが。(;^_^A あせあせ

そして、別の雑誌の連載で、室町幕府の創始者・足利尊氏の事も載っています。
二部構成になっています。

足利尊氏という人は、歴史的に評価されなかった人で、何でそうなのかと言えば、天皇に逆らった人なので、戦前は逆賊扱いされていたんだそうです。
歴史的に研究する人もいなかったので、幼少期のエピソードが皆無な人なんだそう。

井沢元彦にかかると、後醍醐天皇が、ただの我儘なオッサンに成り果てます。(笑)
この人、南北朝の原因を作った張本人ですからね。
後醍醐天皇がカブれた、「朱子学」に問題ありです。

南北朝の話・・・天皇家が南朝北朝に分かれて、争った時の事です。
時は鎌倉幕府滅亡から、建武の新政→室町幕府誕生にかけての事ですね。

そして、「太平記」を、『太平』記 と言うわけは・・・。
いろんな謎を解き明かしてくれます。
目から鱗が落ちる事間違いなし!!(爆)

割と「逆説の日本史」に書いてある事なんですが、こうしてそれ専用で読むと、なかなか興味深いです。

作者は、この本で「逆説の日本史」の足がかりにしたと書いています。
井沢元彦自身、江戸川乱歩賞受賞者なんですが、ミステリーを書く作家というレッテルを貼られながらのこの連載。
これで、のちの「逆説の日本史」が誕生したのならば、それはそれで、味わい深い作品なのでしょう。
本の事 | comments(4) | trackbacks(0)
「歴史のミステリー」
先日、井沢元彦の「GEN━『源氏物語』秘録」のレビューを書いたとき、源氏物語のパロ版があると言う話をしました。
それをご覧になっていたKOTAさんが、アマゾンなどでその本を探したのですが、絶版になったのか、見つからない・・・と、SOSが。
そこで、私の本でよかったら、お貸ししますよ。と、持ちかけると、すぐに「お願いします」と。

もちろん、すぐにお送りしましたが、その当時、KOTAさんもブログで「歴史のミステリー」の話題がありました。
私が書店でその本を探しましたが、見つからなくて・・・。
KOTAさんに、「歴史のミステリー」を貸してくださいと、お願いしますと、快く「いいですよ〜♪」との返事。
貸した本を返す時に送っていただくようにお願いしました。

しばらくして、KOTAさんからメールが。
「『歴史のミステリー』と『戦乱の日本史』の創刊号がありましたので、お送りします。心ばかりのプレゼントです」
きゃ〜!!嬉しい!!↑(^^_)るん♪
「歴史のミステリー」のほうは、2号も出ていたので、それも送ってくださるとのこと。

その本たちが、今日届いたのです!!
これ↓
KOTAさんから頂いた本たち

先ほど少しだけ読みました。「歴史のミステリー」創刊号を。
う〜ん。結構面白い〜〜〜!!^^
感想は、書けたらのちほど・・・。(笑)

「歴史のミステリー」は、定期購読がネットでできるそうなので、さっそく定期購読をお願いしちゃいました。(^^;ゞ

もうひとつの、「戦乱の日本史」の方ですが、小学館が発行してますので、井沢元彦の連載があるんですね。
これから、読みふけりたいと思います〜!^^


ところで、ヤフーブログの方、久々に更新してみました〜!
タイトルは、「バレンタイン川柳」。
二つ記事があります。よかったら、こちらからどうぞ〜!
バレンタイン川柳 その1
バレンタイン川柳 その2
本の事 | comments(4) | trackbacks(0)
「鳥玄坊先生と根源の謎」
【商品の説明】

【内容】(「BOOK」データベースより)
博覧強記の鳥玄坊先生に師事する青山ヒロシは、始皇帝陵で「シュイ・フー」と名乗る謎の人物と出会う。「近いうちに時間が止まる。日本にいる鳥玄坊に同じ過ちを繰り返すな、と伝えよ」と男は告げる。その日を境に世界中から「極めて日本的な絞様」が出現し、太平洋にはこの世にありえない生物が、その姿を見せた。

【内容】(「MARC」データベースより)
「近いうちに時間が止まる」 謎の人物シュイ・フーの言葉をヒロシが聞いた直後から、世界中に不思議な現象が起きはじめた。ヒロシの師で博覧強記を誇る鳥玄坊はこれにどう向かうのか。〈ソフトカバー〉

【著者紹介】
1945年生まれ。美術、歴史、政治、物理とあらゆるジャンルにわたり、独自の視点の分析を行い、従来の常識を打ち破る新説を提案し続けている。若手の作家、編集者、テレビディレクター等に支持者が多数。著書に『東洲斎写楽はもういない』『龍安寺石庭の謎』『2人の天魔王』『ジェームス・ディーンの向こうに日本が視える』『謎ジパング』『リアルタイム日本史』『視えずの魚』がある。また、「謎ジパング」「旅列島!夢ある街へ」等のテレビ番組も企画監修している。本書で講談社ノベルス初登場!


今回の本は、図書館の司書さんからのオススメ本です。

「明石散人ってご存知ですか?」
と、聞かれて、「いいえ」と言うと。
「考え方が、物凄いんですよ。一度読んでみてください」
とのこと。
「歴史系の本っていうよりも、SFっぽいですが・・・」
とも。

図書館の司書さんとは、すっかり顔なじみになっているのでした。(^^;ゞ
しばらく行けないでいると、「久しぶり!」って声をかけてくれたりします。

ほ〜ほ〜。
それならば借りて読んでみましょう。

確かに、スケールが違いました!
始皇帝陵にて、一子相伝の胡飲酒舞の継承者、青山ヒロシは、「シュイ・フー」と名乗る人物と会ってから、物語ははじまります。
この、「シュイ・フー」とは、一体誰?
ちょっと教えちゃいますと、これは徐福のことです。
始皇帝に仕え、不老不死の薬を探しにどこかへ行ってしまった仙人です。

それから、日本書紀や古事記に登場する、神武天皇の父親、ウガヤフキアエズノミコトが重要なポジションにいます。
このウガヤフキアエズノミコトとは、天孫のニニギノミコトの孫にあたる人物です。
産屋の屋根を当時は鵜の羽根で葺いていたのですが、葺き終らずに生まれた子という意味があります。

この作家は、著者紹介にもありますが、幅広い知識を惜しげもなく作品に注ぎ込んでいます。
ところどころ私の脳では消化しきれない部分もありましたが、考え方のスケールが大きいのだけはわかります。

フィクションなんですが、よくこのような物語を考え付いたと言うか・・・。(^^;;;
とにかく、驚嘆!という感じの本でした。

そして、もうひとつ、同じ作家の本を借りてきました。
これも、また読んでレビューを書けるようならば、頑張ってみます。(^^;ゞ
本の事 | comments(2) | trackbacks(0)
小説「日本」人民共和国
井沢元彦の本 第2弾は、これです。
本当はもっとこの作家の小説を読みたいのですが、図書館の蔵書が少なくて・・・。
ようやく探してきた本です。(本を買えばいいのでしょうが)

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
大地震が発生し、静岡県にある原子力発電所「スーパーみらい一号炉」が大爆発した。取材中の新聞記者・桜と良美が、気がついたとき、そこは「扶桑国人民政府」という「もうひとつの日本」だった。二人はスパイ容疑で逮捕される。事態をのみ込めない彼らをつぎつぎと“事件”が襲う…。戦後史に挑戦する新感覚のパラレルワールド小説。

内容(「MARC」データベースより)
大地震が発生し、静岡の原子力発電所が大爆発した。取材中の新聞記者・桜と良美が気付いた時、そこは「扶桑国人民政府」という「もう一つの日本」だった。2人はスパイ容疑で逮捕され…。新感覚のパラレルワールド小説。


パラレルワールドと言えども、実際に起きる可能性があったのでしょうか?
作者が、「逆説の日本史」で、書いてあることがそのまま小説になっています。
一時期、社会主義が素晴らしいことだと信じて、活動を行ってきた人。
ソ連の崩壊で、それは夢のまた夢と消えたのですが、それの前の時の作なのかしら?
日本人が知らず知らずに感じている事、それは危険な思想なのかもしれません。
模している「扶桑国人民政府」は、どこか実在の国を髣髴とさせて、読んでいると少し笑えるところもありますが・・・。

主人公が、パラレルワールドでは決して死なないと言う設定も、ちょっと都合がよすぎかな?とも感じましたが、主人公が死んでは話になりませんからね。

「逆説の日本史」を読んでいると、納得できる小説ではあります。
先にそちらを読んだ方が、分かりやすいのかもしれませんね。
本の事 | comments(2) | trackbacks(1)
GEN―『源氏物語』秘録 (角川文庫)
ずっと本は読んでいたのですが、なかなか投稿ができなくて・・・。(言い訳)
この連休中に一気に(と言っても2冊ですが)放出してみたいと思います!

と言っても、みんな井沢元彦の本です。
独自の歴史観を持つこの作家は、なかなか面白いところをみているんだなあと思います。

さて。
「源氏物語」ですが、私はこの物語は好きで、原文は読めないものの、田辺聖子の「新源氏物語」を文庫で全巻持っています。
特に、パロディの方がお気に入りでした。(これもそのうちレビューに書きたいですが)

前振りが長いですが、その内容は・・・

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
国文学者・折口信夫のもとに、一通の手紙が届いた。差出人の貴宮多鶴子によると、貴宮家に代々伝わる『源氏物語』は、従来の五十四帖のものと異なり、十七帖しかないという。これは『源氏物語』の原型といわれる『原・源氏物語』なのか?折口の指示により貴宮家に出向いた若き国文学徒・角川源義は、源氏千年の歴史に、日本国家を揺るがす驚愕の事実が隠されていることを知る!―『源氏物語』多作者説を裏付ける『原・源氏物語』の存在を巡り交錯する謎を、独自の視点と卓越した想像力で解明した、長編歴史ミステリー。

内容(「MARC」データベースより)
若き国文学者・角川とその友人は17帖しかないという新たな源氏物語を見るため貴宮家へ出向いた。そこで二人の見たものは…。『源氏』千年の歴史に著者独自の考証で挑む長編歴史ミステリー。95年刊の再刊。〈ソフトカバー〉


はじめは、う〜ん、なんでしょうこれは・・・。
と言う感じでしたが、段々面白くなってきました。
太平洋戦争を起こす前の日本とアメリカの水面下の争い。
源氏物語と太平洋戦争のどこがかかわりがあるのか?
気になる人は、是非読んでみてください〜♪
本の事 | comments(4) | trackbacks(0)
「卑弥呼伝説」
評価:
井沢 元彦
集英社
---
(1997-11)
【商品の説明】

内容(「BOOK」データベースより)
「ヒミコは殺された」という謎めいた言葉をのこして古代史研究家が密室で殺害された。犯人は誰か?動機は何か?トレジャー・ハンターである永源寺峻が、友人の殺人事件の真相に迫る。その鍵となるのは邪馬台国と卑弥呼。調査のため、峻は九州へと飛んだ。―古代史を包む謎のベールがはがされるとき、すべての真実が明らかになる。


この本のこと、KOTAさんもブログにレビューを載せています。

同じ作者の本「逆説の日本史(1巻)古代黎明編」の小説版です。
最終的に作者が考える邪馬台国も最後に載っています。

井沢元彦の新説、よく読んでみると、物凄く納得します。
天岩戸の事とか、天孫降臨の概念とか・・・。

いろんなところからアプローチをして、邪馬台国・卑弥呼の謎を解き明かします。
邪馬台国と、大和朝廷の関連の謎も・・・。


今まで、ブログを放っておいて、イキナリ本の事とは・・・。
でも、この本たちはみな、図書館から借りたもので、返さねばならないのです。
(すでに期限が過ぎているものも・・・)
と、言うわけで、3記事連続で、本の事です。
じ、実は、もっと読んでいますが、このくらいで。

すみません、また時間を取って投稿したいと思います。m(__)m
本の事 | comments(3) | trackbacks(0)
「ルビアンの秘密」
評価:
鯨 統一郎
理論社
¥ 1,470
(2007-06)
図書館に行ったら、鯨統一郎の新刊が出ていました!
わあっと借りてきて読みました。

長い間、離婚もしないで別居していた父親のもとに、いい加減決着をつけるべきだと、高校生のレイが勝手に思い、父親の住んでいる所に行くと、父親が刃物に刺されて死にかけていたのです。
謎の言葉、「ルビアン」を残して。
それから、レイは犯人探しと、父親から言われた言葉の謎を解くのです。
現実にありえそうな話です。
ホームレスの問題、新薬の認可の問題。
登場人物も、誰が味方で誰が敵?
そして、レイの父親を殺したのは一体誰??
野草のことも、しっかりわかるようになっています。
「ルビアン」とは何か?

今回の本は、若い人向きかな?
行間も、広く取ってあって、早く読めてしまいました。

鯨統一郎という人は、一体何者なのでしょうね?
ジャンルが広すぎる気がします。
覆面作家とも言われているとか、いないとか。
2人以上いるのでしょうか?そんな気もしたりしますが。
本の事 | comments(2) | trackbacks(0)
「ちんぷんかん」
評価:
畠中 恵
新潮社
¥ 1,470
(2007-06)
お久しぶりでございます。m(__)m

ちょっと、ブログをお休みしておりました。
が!本だけはたくさん読んだので、まとめて投稿したいと思います。

「しゃばけ」シリーズの最新刊です。
ようやく順番が回ってきたのです。(^_^)にこにこ

前作は長編でしたが、今回は短編集です。

「鬼と小鬼」
長崎屋が江戸の大火にあい、若だんなはその煙を吸って、生死をさまよいます。
三途の川の手前の、親よりも先に死んでしまった子どもがいる”賽の河原”まで行ってしまいます。
そこから、娑婆に戻ろうと、いろいろ苦労して、やっとこさっとこ帰ってこれたという・・・物語です。
途中、イザナギ・イザナミの命の説話も出てきて、古代史好き(?)にはたまらない内容でした。^^

「ちんぷんかん」(表題作)
長崎屋の若だんながよくお札や刀を買う、妖(あやかし)専門のお坊様、寛朝(かんちょう)の弟子、秋英(しゅうえい)のお話です。
何故弟子を取るのをかたくなに拒んでいた寛朝が弟子を取ったのか?
江戸時代の算術が出てきます。鶴亀算とか。(笑)

「男ぶり」
長崎屋の若だんなの母親は、跡取り娘。
その跡取り娘”おたえ”の生涯の伴侶は、当時長崎屋の奉公人。
一体何故?
半人半妖の悩みがここに・・・。
ちなみに、長崎屋のおたえの母親は、妖狐。
若だんなは、1/4妖怪の血が混じっているのです。

「今昔」
長崎屋には、若だんなの他に、腹違いの兄・松之助がいます。
その松之助の縁談話のお話です。
陰陽師も出てきます。

「はるがいくよ」
桜の花びらの精・小春の事を考える若だんな。
小春は、花びらなので、命がわずかなのです。
それをかわいそうに思う若だんなは、悪戦苦闘して小春が行き続ける方策を探すのですが・・・。
でも・・・妖から見た人間もまた同じ。

短編集の中で、一番心に残った話が最後の話です。


短編集は、それぞれの登場人物の心理などを掘り下げれない分、物足りなさもありますが、簡潔に表さなければならない、作者なりの苦労とかがあるのだと思います。
でも、「しゃばけ」シリーズは、読者を飽きさせないように、いろんな要素を取り入れているのかな?とも感じました。
今回の本も、面白く読みました。
本の事 | comments(3) | trackbacks(0)
「まんまこと」
評価:
畠中 恵
文藝春秋
¥ 1,470
(2007-04-05)
また、しばらく間が空いてしまいました。m(__)m
予告どおり、BONBONママさんに薦められた一冊です。

【出版社 / 著者からの内容紹介】
「しゃばけ」シリーズがブレイク中の気鋭・畠中恵さんの新シリーズは『まんまこと』というタイトルです。意味は「真実。ほんとうのこと」。江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる騒動(いまでいう民事の範疇)を、やや頼りない跡とり息子・麻之助とふたりの悪友----男前でモテモテの清十郎、堅物の吉五郎が活躍し、絵解きします。この彼らがとても魅力的なのです。ついついお話の向こう側まで想像してしまうような強力なキャラクターたちです。女性陣も負けてはおりません。芯が強く、可憐な眦を決し、こうと決めたら動かない意気地のある女たちが生き生きと描かれています。
お腹の子の父は誰なのか? 万年青争いの真相は? ----切ない恋物語も織り交ぜられ、読者をつつみこむような畠中ワールドが存分に楽しめる一冊です。ふうわりと温かな読後感をぜひ味わってみてください。


短編集ですが、微妙に話がリンクしています。

私本人の感想としては、この一冊で完結しちゃった方が、いいような悪いような・・・。
(続きも読みたいのですけど・・・)

お腹の子は、全編を通しての謎かな?

万年青とは、盆栽のようなもの?
苔って言った方がいいのかな??

この作家さんは、「しゃばけ」シリーズでも、朝顔の変り種を探しまくるお侍さんとか、描いているんです。
こう言う話に興味があるのかしら?(^m^)

それに、登場人物が個性豊かなのは、魅力のひとつです。
話し方も、どこかのんびりとしていて、うちにいたら怒れるでしょうけど、いい味出しています。(笑)

ちょっとせつない恋の物語もあります。

どうか、一度、ご覧あれ。
本の事 | comments(2) | trackbacks(0)
「幻香」
評価:
内田 康夫
角川書店
¥ 1,680
(2007-08)
前作「長野殺人事件」と同じく、1億冊突破記念作品です。

【出版社 / 著者からの内容紹介】
浅見の元に届いた匂いたつ一通の手紙。「4月10日9時、栃木市の幸来橋に来てください。でないと、私は死ぬことになります」。事件は10年前に起きた調香師殺人事件と複雑に絡み合う。かぐわしき文芸ミステリー。


まず、表紙の絵。
これ・・・ボッティリチェリの名画「春」に描かれた、3人の女神なんですって。
ボッティリチェリといえば、「ビーナス誕生」が有名ですが、「春」も有名ですよね?
裏表紙に、花を口からふき出させている女神(?)がいて、隣の女神の衣装を花でいっぱいにしています。
中学生か高校生くらいの時、美術の教科書にあった絵を眺めた事を思い出しました。(^^;ゞ

「三位一体」も、ちょこっとキーワードになります。

「香り」からはじまる事件ですが、解き明かすのも、「香り」です。

この小説、浅見光彦倶楽部の会員用機関紙「浅見ジャーナル」紙上で、『例幣使街道殺人事件』というタイトルのリレーミステリーなんだったそうです。
作者の内田康夫と会員の合作。らしいのですが、1回原稿用紙8枚と言う中で話は進んでいくのです。
ですが、話がそれたりして、これを普通に出版する時は、作者内田康夫が手を加えてやらないといけなかったようです。(笑)
途中、内田康夫らしからぬ(ような)表現がはじめの方に見られますが、読み進むうちにそれも気にならなくなります。
作者自身も、かなりの難産だったようでして・・・。(^^;ゞ

香りと言う、日本人が苦手(?)とする領域に、よくも興味をもったのだと感心し、わかり易く解説ぽいものまであります。

そして、もうひとつのキーワードは、「インフルエンザの特効薬『タミフル』が起こした悲劇」です。(なんのこっちゃ!)

今回は、KOTAさんからこの本の情報を得て、すぐに図書館に予約をしに行ったら、早く手に入ったので、読めました。
KOTAさん、教えてくださってありがとうございます。m(__)m
続きを読む >>
本の事 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/8PAGES | >>